フォギブネス・デー

 
ハワイ・インターナショナル・フォギブネス・デーに参加しました。

「許し合いましょう」ということがコンセプトで、

家族を事故で一瞬にして失った方が、そのドライバーを許した経緯など、体験談を交えながら、
「許し」とは?ということを学びました。

思想や宗教を越えて、ひとつになった時でした。

有名なウクレレ奏者のロイ佐久間さんが、小学校を慰問して傷ついている子供達と会話をしてゆく話しや、
ご自身の奥様を愛するが故に、自分を変え続けたという、愛の表現の話しは、皆の心を打ちました。

来年も、8月第一日曜日に開催されます。


4 Responses to フォギブネス・デー

  1. ケリイ says:

    許すのは本当に勇気がいることですよね。
    優しさであり強さであり・・・。
    そして一番必要なことなんだなーと思います。
    私はまだまだだけどねー。
    あーJOYさんに会いたいなー。

  2. 中ノ島 says:

    許せない思い。
    自分自身の問題であり、
    許せなければ、自分自身が苦しむ。

    わかっていても、それは、もっとも困難な事。
    この事は、一生の課題かもしれません。

  3. ジョイ says:

    ケリイさん
    許せる力とは、ものすごいことだと思いますね。
    本物の愛と言うか。
    またお会いしましょ!

  4. ジョイ says:

    中ノ島さん
    許しって、自分が許される為かもしれませんね。
    だから、許せた時に、楽になれる・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。