デュケイン・クラブ

 
ピッツバーグには、2泊しましたが、夜遅くに到着して、帰りは朝5時半にはホテルを出ましたので、
正味、中1日だけという感じでした。
しかも、レセプションまでは部屋で缶詰状態で仕事をしており、食事もルームサービスでした。

ただ、仕事で泊めて頂いたホテルで、こんなに豪華な感じのところも珍しいなぁ、と思うほど、いいところでした。

1800年代後半に建てられた、デュケインクラブ

炭鉱の町であったピッツバーグの、当時のビジネマンや、資産家、貴族達が、会員制クラブとして作ったものです。

驚くような広さと、素晴らしい価値の調度品の数々。

その当時にこんな良いものがね?、といった感じです。

ウォーリーが言っていました。

「時代が変わった。昔は、ここには、黒人やアジア人は入れなかったのに、今は、両方が同時に泊まっている(笑)」

なるほど・・と思いました。

よかった。そういう時代が到来して・・


ちなみに、デュケインクラブは、ケチャップのハインツ本社、横にありました。

でもやっぱり私は、空の広い開放感があるところが、好き!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。