レイ・チャールズから指名を受けて

尊敬する歌手であり、親友でもある、ゲイリー・ウォーカー。

?

ペンステート大学でヴォーカルパフォーマンスの学位をとった彼は、ハリウッドに移り、多くの良いチャンスに恵まれる。

リンゴ・スター(ビートルズ)、ビリー・プレストン、スーザン・アントン等の大物たちとステージを共にする。

?

?

あのレイ・チャールズにはいつも指名を受けて、彼のステージの前座をつとめてきたそうだ。

2階席から、レイチャールズに見られている間は、本当に緊張したという。

でも、その経験が今のゲイリーの実力と魅力を作り出した。

?

?

彼の歌手としての始まりは、7歳の時、カブスカウトで Dream Lover (笑・・)を歌って、集まった親達に喜ばれたことによる。

中学では、お兄さん(ギタリスト)のバンドでソロをつとめ、Impossible Dream(笑笑)を歌い大喝采を受けたばかりか、

大好きな歌を歌って20ドルももらえるなら歌手になろう、と思ったとのこと。

その頃のステージは、消防署の車庫で、消防車を外に出して行っていたという、

ほのぼのペンシルベニア時代。

と同時に、お母さんの勧めで、教会で歌いだす。

?

?

そんなゲイリーとは、日本では、仕事仲間。

“彼の自由自在で巧妙なヴォイスパフォーマンスは、座らせる聴衆を内側から立ち上がらせ、リズムを刻ませる”のです。

アノインテッド!というのが正しいかと思います。

油注がれた声。天からの賜物。

?

聴衆もですが、一緒に働いている私が、毎回感動して涙をするほどです。

?

彼のジャンルは、もちろんR&B, Jazz, Gospel・・・・・・・・・・美空ひばりも歌います!? 本当に!

最近の大ヒットは、Walker の SO DEEP!  初めてのダンスミュージックも、聴いてみてください。

?

?

?

数えられないくらい色々なところへ行きました。色々な形のショーをしました。

どこに行っても、感動を人々に残してきました。

そして、これからも・・・。彼が、神を敬い、心から歌うことをし続ける間は、ず~っと。

?

?

ゲイリーはものごとに対してとても真面目な人ですが、ちょ~ファニーな、ユーモアたっぷりの人でもあります。

そして、いつも人のことを先に考えて配慮してくれる人で、

マネージャーとなる私達が、彼に気遣ってもらいお世話になってしまうことも・・・

私にはいつも、「きちんとジョイがお金を取れてから僕に払ってくれたらいいから・・」とさらりと言って立ち去るような人。

?

お互いがあって成り立つ仕事だから、ということをいつも謙遜に思う人なのです。

それは、心から神を敬い、人を大切するところから来ているようです。

?

10月27日(月)28日(火) 

銀座8丁目 博品館劇場で ヒューマンラブコメディー 銀座の愛の物語 あります。

ゲイリー・ウォーカー、出演します。

スティービー・ワンダー歌います。

?

実は彼、スティービー・ワンダーのものまねショーを開くほど、その声はそっくりなんです!

?

是非お出かけくださいね。


2 Responses to レイ・チャールズから指名を受けて

  1. ラヴ says:

    「銀座の愛の物語」のゲイリー、すごく良かったようですね。
    いかれなくて残念!

  2. ジョイ says:

    私、行くつもりだったんですけど・・・
    本人が、楽しかった、って連絡くれましたので、本当に良かったんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。