ハワイでケイジャン

?
日本人にはほとんど馴染みのない、アメリカ南部料理。ソウル・フードもそうなんですが、今回発見したのは、ケイジャン・フード。
ソウルとケイジャンは同じだと思っていたんですけど、厳密には違うんです。

?
教会のボランティアで食事作りをしていたオーナー兼シェフのディラードさんが、
いつも皆から美味しいと言われて、それじゃ、故郷ルイジアナの料理のお店を開こう! ってことに。

?
そう、ルイジアナ料理がケイジャンです。

?

?
カパフルにあるこのお店の名前は、A Taste of The Bayou。 バイユと聞いてピンと来る人はかなりのケイジャン通でしょうね。

?
バイユとは、米国南部の川・湖・湾の沼のような入り江のことです。私、何度もいいますが、この、南部系、大好きです。

店内の壁に描かれた絵もまさに・・

ケイジャンは元々は地元の食材を使った庶民料理で、玉ねぎ・セロリ・ピーマンを使ったものが多いみたい。

このお店は、素朴なケイジャンと都会派ニューオリンズの伝統料理・クレオール料理が合体したものらしいです。
といっても私達にはそんな違いは分かりませんけど・・

私は代表的な3品が一度に楽しめる“ア・テイスト・オブ・バイユ”にしました。
チキン・ガンボ、レッドビーンズ・ライス、ジャンバラヤ。

「マイルド」と言わないと、チリペッパーなどの香辛料がふんだんに使われて、とんでもない辛さに~~ふ~っ
でも、ほんのり甘いコーンブレッドで、お口のバランスとること出来ます。

この他、チキンやキャットフィッシュのフライなど、色々あります。

ジャズの生演奏でもあったら、もっと素敵だろうなぁと思いながら、絵を見て楽しんでいました。

知らないと入りにくい雰囲気ですが、入ってしまうと、みなフレンドリーで、おしゃべりしながらわいわい楽しくお食事できます。

メインランドに行っても、どこでも手に入るわけではないケイジャン・フード。ハワイで体験できました。


2 Responses to ハワイでケイジャン

  1. 中ノ島 says:

    南部の黒人音楽を好んで聞いていると、、
    その辺の情報は自然と入ってきますね。
    、、と言っても、ほとんど食べた事は無いですがね。

  2. ジョイ says:

    中ノ島さん
    日本でも本格的なものがあれば良いんですけどね・・
    なかなか浸透しませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。