しょうがいのある人との演劇ワークショップ  ・・・・    マイナスがプラスに

“しょうがい者の日のつどい” 第3弾 最終回です。

?

実は、私に与えられた仕事は、4セッションにわたる講演・公演の司会進行、ナレーション、インタビューでしたが、

第1・第2セッションでご一緒した方がこの方、永山智行さんでした。

?

最初にレポートするのが本来でしょうが、あまりの内容の深さ、濃さに、自分なりに整理の時間が必要でした。

?

一体どんなお話をされる方なのだろう・・・

永山 智行さん

劇団こふく劇場 代表劇作家/演出家 1967年、都城市生まれ。
トロンボーン吹きだった音楽少年時代、キャッチャーだった 野球少年時代を経て、都城泉ヶ丘高校で演劇少年となる。
東京学芸大学卒業後、都城市で劇団クロスピアを旗揚げ。
演劇少年は演劇青年となり、
今や演劇オヤジと呼ばれるまでになってしまった・・・。
『空の月、胸の石』『北へ帰る』で劇作家協会優秀新人戯曲賞最終候補
『パパのタネ』でKIN-DO芝居戯曲部門奨励賞
『so bad year』で第2回AAF戯曲賞優秀賞受賞
2006年10月より、宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター

?

朝、九州は宮崎から駆けつけてくださった永山さんは、

しょうがいのある人との演劇映像を見せてくださいながら、説明・解説をしてくださいました。

?

演劇とは、PLAY、つまりは、遊び。ごっこ。

その道具は、ひとりひとりの体。

いい、悪いはない。

そこにいるだけで、いい楽器なんだ。

「いる」という存在が素晴らしいんだ。

?

・・・そこまで聞いただけでも、充分と言えるほど、深いメッセージを受け取りましたが・・・・。

?

アートの世界では、人と違うことに価値がある。

舞台は、その価値観を認め合える場所なんだ。

マイナスと思えることが、そこではプラスに変わる。

欠落が魅力に変わる。

?

・・・すご過ぎる・・・深く、与えられた生命について考えました。

?

一つの失敗でその人を評価してしまうような社会。数字で人を計ることしかしない社会・・・・。

でも、それは社会じゃなくて、一人一人の心のうちに起きていることなんだ・・・。

?

人が、「生かされていること」「ここに存在していること」への価値観を見出した時、

本当の意味で、生命を大切にするようになるのでしょうね。

?

そして、自分の存在が大切だから、隣の人も大切な人・・・になっていくのです。

?

私は、この日のつどいの為に、どのように仕事をしたらいいんだろうかと、

ひとり静かに祈り心を持って、様々を考え、臨んでいました。

ところが、この2日前から風邪を引いてしまい、喉の腫れと発熱と戦いながら、本当に体の辛い時を過ごしました。

そして、この当日、治っていない体に鞭を打つようにして会場に行きましたが、気が付きました。

?

私、風邪という、ハンデが与えられました。

自分を思うようにできない、ハンデを負いました。

でも、このハンデは、不利な条件(マイナス)ではなく、私があの場に置かせてもらうことが出来る為の、有利な条件(プラス)に変わりました。

?

?

計り知れない多くのことをお教え下さいまして、本当にありがとうございました。

?

お忙しく帰られた永山さんと、お写真が撮れませんでしたことが唯一の心残りです・・・

次回は生で、永山さんの演出される演劇を鑑賞したいです。


1 Responses to しょうがいのある人との演劇ワークショップ  ・・・・    マイナスがプラスに

  1. Mr.X says:

    マイナスをプラスと考えれることは素晴らしいですね。
    私はまだまだなのでマイナスはもっとマイナスに感じてしまいます。
    いつもジョイさんには祈りと感謝がある。ジョイさんの根底に流れる考え方でしょうね。
    いつもながら感じていましたが今回は一層深い内容ですね。
    それから風邪が早く治りますよう祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。