«

絵本「キャロット・シード(人参の種)」

?

小さな坊やが人参の種を植えました。

?

お母さんが言いました。「芽が出ないんじゃないかしら・・・」

お父さんが言いました。「芽が出ないんじゃないか心配だなぁ・・」

大きなお兄ちゃんが言いました。「芽なんか出ないよー!」

?

毎日毎日、その小さな坊やは種のまわりの草を抜いて、地面に水をまきました。

?

でも、なんにも出てきませんでした。

そして、な~んにも出てきませんでした。

?

みんなが言い続けました。「なんにも出ないよー!」

?

それでも坊やは種のまわりの草を抜き、地面に水をまいたのでした。

?

そして、ある日。

?

人参が芽を出しましたーーー!

?
               その坊やだけが、そのようになることを、信じていたのでした。

?

(訳・山﨑ジョイ)

?

・・・・・・・

このストーリーは、私、20年前に読んで感動して、勝手に訳して近所の子供たちに読み聞かせをしていました。

しかも絵本の中のイラストでは、最後には、坊やの体よりおっきな人参が収穫できたんです!

?

「信じる」 「信じた通りになる」 「夢を諦めない」・・・たった12ページにすばらしいメッセージが隠されています。

?

?

それを今日、ウォーリーがラジオのショーで読むなんて・・・。

?

通訳させていただいたことを光栄に思っています。

?

放送は来週。日時未定。

1210 AM KZOO ラジオ / ホノルル・ハワイ です。

?

是非、絵本、読んでみてください。

発行60周年記念になっているベストセラーです。

?

ホノルルの方はラジオも聞いてみてくださいね。

?

素晴らしい、名アナウンサーのかおるさんに感謝します。

?

?


2 Responses to 絵本「キャロット・シード(人参の種)」

  1. 中ノ島 says:

    普段、ニンジンの種なんて、意識しないですねえ。

    ジョイさん、子供の頃、ニンジン嫌いでした?
    オレは、、、記憶にないですねえ、、。
    何と言っても、カレーライスの一部ですからねえ。

  2. ジョイ says:

    中ノ島さん
    そうですね。ニンジンの種ってあんまり考えないですよね・・
    でも小さな種から大きな収穫って、わくわくしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。