微妙な年頃~Seasoned !

最近思うのですが、私の年齢はいやに微妙な気がするのです。

人生80年だとすると、既に人生の半分は超したことになり、私の父方の祖父母は両方とも88歳まで生きた長寿者でしたが、その半分としても44歳。

いづれにしても、私は、人生の半分をとうに超した年齢には違いありません。

?

ということは、一般的には、若い部類に入るはずはなく、若くない部類の新入生、という感じです。

?

でも、若いとも言えず、年寄りです、とも言えず・・・いやに微妙~

?

昔、自分が子供の頃、40歳と聞くと、ものすごい年齢の人を想像してしまいいました。(本当に失礼しました)

友達のお母さんは、20代でも、おばちゃん、って呼んでたし、今思えば、「本当にごめんなさい・・・」

?

私の祖母が、元気だった頃、それでも年は80くらいだったと思いますが、

買い物から帰って怒っていることがありまして、どうしたのかと聞いてみると、

「知らない人がね、“おばあちゃん、大丈夫ですか?”って言ったんだよ。わたしゃ、あんたのおばあさんじゃないよ、って言ってやりたかったんだよ~」 言うのを聞いて笑ってしまったことを思い出します。(おばあちゃんは、いったい自分を何者だと思ってるんだ~)と。

でも、これも、本当に失礼しました。天国のおばあちゃん、「本当にごめんね・・」

?

?

人は年を取っていくことを嬉しい事だとは思いません。

見栄えが変わる。仕事が変わる。周りからの受け入れ方が変わる。

昔の、自分が若くて、きれいで、カッコよくて、バリバリ働いていた時の事を思いたいのです。

そして、それが一番充実している(た)時である事は間違いないかもしれません。

?

最近は、「きれいだね」と言われるより、「若いね」と言われることに喜びを感じるのは、やっぱり、年を重ねてきたからです。

だって、若いときは、若いんだから、若いね、なんていわれる必要ないですのも、ね。

?

特に日本人は、すぐに人の年齢を聞きたがります。

そして、その年齢のもつ勝手なイメージで、人を決めてくださいます(笑)

?

でも、そんな世間の声に耳を傾けず、自分が生きてきた(生かされてきた)歴史を、少しだけ誇りに思って、前進しませんか!

?

あるアメリカ人の友人が言ってくれました。

You are seasoned !」って。

Season とは、経験豊かな、熟練した、ベテランの、・・・・・よく味付けられた、ということです。

?

なんていい響きなんだろう、と思いました。

?

私、よく味付けられてる・・・。

?

人生の美味しい味を出したいです。


1 Responses to 微妙な年頃~Seasoned !

  1. Kaz Sekine says:

    以前本で読んだのですが・・・確かニューギニアのある部族の話しです。文明人(我々のつもりです)が彼ら(昔で言うところの未開人です)に年齢を尋ねると「分からない」と答える。「なぜ分からないの?」と何度も聞くと彼らから意外な答えが来たそうです。「なぜ年齢が必要なのか。」
    「私たちが生きていくのに年齢は必要ない」。
    自然とともに暮らす民にはきっと年齢なんて必要ないのですね。
    言ってみてば、我々はジョイさんを含めて文明人である証拠と言うことにしておいてください。
    良かったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。