アカシアの木

ホノルルのダウンタウンにある大きな教会の裏で、これまたおっきな木の切り株を見つけました。

?

この説明書きによると、1828年に種から植えられたこの木は、ハワイに来たはじめての宣教師が、フランスのパリにあるキングス・ガーデンから持って来たもの。

?

名前はハワイ語で、Keawe(ケアヴェ)。日本語ではアカシア(!?)
アカシアの木ってこんなに大きくなるんですかぁ・・。しかも種からって、本当に丈夫で長寿。
ある方が、この木についてメールで教えてくれました。
「おととし、Peruに旅行したとき、空からしか見えない大きなデザインのあるNasca Valley ってご存知ですか?そこへ行ったとき見たのですが、その地域全体にあるすべての樹木は、多分雨季以外のときは枯れていますが、そのKeawe Trees だけが青々とならんでました。しぶとい木ですね、Fit for Survival, Joyさんみたい。」
サバイバルに絶えうるって言うのはすごいことですが、しぶとい木・・・Joyさんみたいは、ちょっと~~~
でも感謝してそのお言葉頂きました~!
生存できるってすごいじゃないですかぁ!
枯れ木の中で、力強く、青々と!
これから、アカシアの木を思い出して、頑張りますね!

6 Responses to アカシアの木

  1. とっさん says:

    たまに匿名になっているのは僕ですwしぶとくてけっこう!力強く、青々と!
    いいじゃないですか!僕は雑草のようにしぶとくいきたいです!

  2. Hawaiian Koa(Acacia Koa).Beautiful figured Koa delivers a powerful mid-range, clear trebles and a response.

    アカシアは、ウクレレやアクースティツク・ギターに使われているコアのことでしょうか?

  3. ジョイ says:

    匿名希望のとっさ~ん
    しぶとく行こうか!!

  4. ジョイ says:

    もいりいりのAki’iさん
    名前からするとそうコアなんですよね。
    それが日本で言うアカシアなのかどうなのかは、分からないのですが・・。
    ただ、このケアヴェはコアとは表記されていないんですよ・・
    書いててなんだかヘン・・(笑) 植物辞典で調べときます・・

  5. ザッキーチャン says:

    アカシアは聖書の中でも特別な存在。 神がモーセに幕屋を造らせたときに、契約の箱、備えのパンの机、幕屋の木材等に使われました。水のない砂漠に生い立ち、腐らず、伸縮せず、強い耐久力をもち、キリストの人間性を象徴する、のだそうです。 
    ところがイエスが掛けられた十字架もアカシア材で作られたので、それ以降十分な木材を切り出すほどの大きさには育たなくなった、という伝説(カトリック?)があるそうです。
    私がイスラエルにいたときにアカシアの木を見ましたが、そのとき受けた印象は、幕屋の調度を造るのにはずいぶん細いなあ、というものでした。
    この写真はずいぶん幹が太く見えます。上からの恵みを頂いたのでしょう。

  6. ジョイ says:

    ザッキーチャンさん
    さすがイスラエルにいらっしゃっただけあって、深い解説をありがとうございます。
    勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。