デヴェロッパー

?

?

最近、朝にミーティングと朝食を一挙にするというパターン続いています。

夜型で朝の遅い生活をず~っと東京でしてきた私にとっては少しばかりチャレンジです。

でも、爽やかな一日の始まりに新鮮な気持ちで事々に向き合えてよいことです。しかも、そのあとの一日を有効に使えるし。

?

今日はそのあと、マノアのきれいなお山にある大邸宅とそれを取り巻く敷地に会員制ハウスを作りたいという方に呼ばれまして見学しました。ワイキキとダイアモンドヘッドが一望できます。

?

その昔、有名ジャズプレーヤーが自宅に演奏しに来ていたというお話やら・・・いろいろ・・デヴェロッパーを探しておられます。

どなたかーー!!??

?

デヴェロッパーといえば、土地開発ではありませんが、プロモートしてゆくことは、デヴェロッパーだなぁと思わされました。

まずは謙遜に自己開発からー!

?
今日はイマイチ体調がついていかなくて、もたもたとしてましたが、夕方はどうしてもビーチに行きたくなりました。
夕方のワイキキも素敵です。潮風に吹かれながら、頭痛もいつの間にか飛んでいってしまいました。

?


4 Responses to デヴェロッパー

  1. とっさん says:

    夜型よりも朝型の方が本当に良いと思いますよ。人は太陽が昇れば仕事をして太陽が沈めば眠る生活が自然なんだと思います。日本の今の都会を見ていますと全く逆行しているように感じます。

  2. ワイキキ。多くの人たちが鼻で笑う世界有数のリゾート。そして太古の昔には、たくさんの骨が埋葬されている聖なる地。

    その裏通りでは、人々の暮らしぶりに触れることができ、とても奥深い顔をもつ。
    明るくハッピーなだけでなく、ブルースな生き様こそ垣間見えてしまう現実的なところ。

    人々がやってきて、そして帰って行く。残されるものにとって、そんな一夜の宴の後のような寂しい街でもあり、また、TP52クラス http://www.transpac52.org/home.html という裕福だけでは決して乗りこなせない乗り物が、この世のものと思えぬ速さで、風の力だけをつかい、マリナデルレイからやってくる。

    しかし、一夜の夢の世の宴のごとく、彼らもまた次の港へバウをむけ、気づいてみるとまたひとりぽっち。

    そんな悲しいこころを映しだすように、空はいつもブルーからピンクへとかわり、やがて紫紺から墨一色に塗り替えられてゆく。「墨の中は恐怖だけだ」。だからあるホームレスは「昼間しか眠らないんだよ」と怯えた目をしながら話してくれた。

    人々よ、決して侮ることなかれ。

    これがワイキキ、世界有数の浜辺の街。

  3. ジョイ says:

    とっさん
    自然に沿った生活が一番いいわけですよね。

  4. ジョイ says:

    もいりいりのAki’iさん
    Aki’iさんのブログの内容のようなコメントを頂いて、ふぅ~ん、なるほど~とうなづいております。
    洞察が深くていつもためになります。感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。