MAKANA 神からの賜物

先日、9月24日に横浜のライブハウス、STOVESで行われたMAKANA のライブ。

感動したとダイアリーで述べたのですが、実は言葉にならないほど感動して、なんと書いていいのやら・・・いい意味で言葉を失う、という感じでした。

この日、私は、ギターのスペシャリストというか、ミュージックの達人というか、楽器の専門家というか・・・、とにかく音楽のよ~く分かるプロの方とご一緒させていただいてました。

その方が、演奏中に私の耳元で色々と解説をしてくださるのですが、つまりは、どんなにMAKANAの演奏が素晴らしいかを語ってくださったのですが、感覚的な私は、「とにかくすごい!」以外のことは頭に浮かびませんでした。その専門家、MAKANAの音楽は初めてだったのですが、やはり興奮していたと思います。ギターの材質から、彼の弾き方、ギターの耐久性とか、どうして体をゆすって演奏するのかとか(エコーの効果を作る為だそうです!!)、すごかったです。

?

MAKANA…ハワイ語で意味は、「存分に与えられるギフト・賜物」だそうです。

歌手・ソングライター・ギタリスト

スラック・ロックという新しいジャンルを作り出したひと。

彼のスタイルは、伝統的ハワイアンミュージックのよさをを保ちながら、現代に受け入れられる様々なジャンルを取り入れていること、だそうです。

7歳で歌を始め、9歳でウクレレ、11歳ではスラック・キー・ギターを弾き、14歳までにプロとしてデビュー。

「熱い溶岩の流れのようにハワイ全土に広がった彼のミュージック」、とあるところに書いてありましたが、それが日本にまで及んできたことに、大きな感激を致しました。

?

人々の心を動かすことのできる彼の音楽・演奏は、彼の名前のごとく、まさに、“神からの豊かな賜物”であることを思います。


3 Responses to MAKANA 神からの賜物

  1. Kaz Sekine says:

    私もこの日聞かせていただきました。ジョイさんのコメントの通り大感動でした。
    そして演奏もさることながら伸びやかな歌声にはハワイを感じましたよ。
    また彼のギター(takamine)のピックボード付近の穴にはびっくりしました。おそらく彼ピックの先が当たることで出来た穴なのでしょうね。アコスティックギターで出来る全ての演奏技術を駆使したという証ではないかと思うほどでした。
    こういうミュージシャンが日本でも活躍するようになると良いのにね、ジョイさん!

  2. 豊岡隆男 says:

    ジョイさんの古い日記をめくっていましたら、STOVESなんてこれまた懐かしい名前に出会いました。

    この店の雰囲気はいいですね~。

    そして、ジョイさんが伝える、MAKANAさんのライブの楽しさも。

    MAKANAさんの日本公演があるときは是非日記に書いてくださいな。

    この方のスラッキーギターを生で体験したいです。

  3. ジョイ says:

    豊岡隆男さん
    こんなところまでブログをたどって下さってありがとうございます。
    Makana、日本へもっと紹介したいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。