ブロークン・ハート

さまざまな理由で親と一緒にいられない状況にある子どもたちや、悲しみ、トラウマなどを抱えている子供たちなどをサポートをしているNPO キッズ・ハート・トゥ( Kids Hurt Too ) という団体がハワイにあります。

10年前から、あるご夫妻が、コミュニティに必要なことを考えた時に始められた、働きです。

今日は、そのワークショップがありました。

傷ついた心を持つ子供達にどのように接するかを学ぶもので、日本へもいずれ、学んだ人達をを派遣する方針です。

グリーフやトラウマについて焦点を合わせて、ケアをしてゆくものです。

まず、参加者がしたことは、これ↓

ハートの形の色画用紙に、自分にとって大切なもの、人、思いを書きます。

それを皆に発表してから、手でバラバラに千切ります。

さて、次は、別の台紙に、元のハートを再現しようとするのですが、なかなか元に戻りません。

つまり、ブロークン・ハート (一旦失ったものや傷ついた心) を回復させるには時間がかかりますし、

欠けがいつまでも残ってしまったり、修復が難しく元に戻らなくなったります。
そして、その悲しみや喪失感を修復する作業を、グループ(コミュニティ)の中で行ってゆくという学びです。

なるほど、と思いながら、4時間のワークショップを終えました。

更に多くの人達が、この働きを知って、皆でサポート出来ればと思いますし、

傷ついた子供達が、このような良いケアを受けられることを願います。

 


2 Responses to ブロークン・ハート

  1. 中ノ島 says:

    その働きは,子供たちのためだけなのですか?

    大人になっても,それは必要なのかもしれませんね。

    ただ、その必要を自覚しているか,どうかが問題ののかもしれませんね。。

  2. ジョイ says:

    中ノ島さん
    この団体は、24歳までの方々と、ご一緒です。
    大小を問わず、トラウマというものは誰にもあるものなので、大変良い学びが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。