自分の果たすべき分

随分前にも書きましたが、「キャロットシード(人参の種)」という短い絵本。

みんなが口を揃えて「そんなこと起きないよ」といっても、
ひたすら人参が芽を出すと信じて、毎日、草を抜き水をやり続ける男の子。

信念(信仰)を揺るがず持ち続けることと、自分のすべき分を果たすことの大切さを教えられます。

今朝は、広島外語専門学校の生徒さん達のHPUでのコースが終了し卒業式でしたので、
ウォーリーが、キャロットシードの絵本を読みながら、お話しさせて頂きました。

これから羽ばたかれる皆さんには、励ましのメッセージだったと思いますが、
通訳をしながら、これは私にも語られているストーリーだなと思っていました。

優しさの中に情熱を一杯込めた、素敵な植田敬先生に指導を受けられる生徒さん達は、うらやましくも思えましたが、

この植田先生、今となっては、ウォーリーと私の大切な友達であって、お互いの熱い思いをシェアできる仲間です。

植田敬先生のコレは使える!英語表現

コレ、素晴らしいので、是非、学んでみて下さい。

これから世界に出てゆかれる方々へ、心から、Many Blessings!!


6 Responses to 自分の果たすべき分

  1. 中ノ島 says:

    絵本大好き!
    見たいです。

  2. ゆかり says:

    信念を揺るがずに持ち続ける事…
    心に響く言葉ですね。

  3. Taka says:

    ジョイさんの通訳がよかったからこそ心に響きました。感謝です。
    ハワイに来てほんとうによかった。ウォーリーにも感謝です。

  4. ジョイ says:

    中ノ島さん
    私も絵本、大好きです!癒されるし教えられるし!

  5. ジョイ says:

    ゆかりさん
    信念を持ち続ける、しかも揺るがずに・・
    私にも語られていることばです。

  6. ジョイ says:

    Takaさん
    Takaさんのようなプロの方に褒めて頂いて恐縮しますが、大変大きな励ましです。
    本当にありがとうございました。
    私もTakaさんにお会いできたこと、感謝しています。もちろんウォーリーも同じ思いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。