同等に夢を

明日で終了する、ハワイ国際映画祭。

ドキュメンタリー映画 HOLDING FAST THE DREAM の監督からご招待を受けて、今晩行ってきました。

ハワイに住むアフリカンアメリカンに焦点を当てたドキェメンタリーですが、
アフリカンアメリカンにも同等に夢を!ということが主題で、
彼等の多くの出身地であるアメリカ南部の差別事情からかけ離れたハワイは、
癒しと安らぎを与えている絶好の場所になっているようです。

ハワイは色々な人種のミックスされた土地であることが、それぞれを受け入れるのに適しているのでしょうか。

各界で働く人々が取り上げられ、あれ?ウォーリーも出演してたんじゃない?!

アメリカの黒人白人に留まらず、偏見や差別は至る所で起きていますが、

本当の意味で、一人一人の夢が実現できる愛と自由さが与えられることを祈ってやみません。

私たちの心の中で起きている、自分と違う相手を裁く思いから、まずは解決しないといけないかもしれませんね。


4 Responses to 同等に夢を

  1. 中ノ島 says:

    アメリカの黒人音楽が好きです。
    ブルース。ソウル。ゴスペル。ジャズ。

    ハワイの黒人たちの音楽は聴いた事がありません。
    どんな音楽なのでしょうね?
    美しいハワイアンミュージックの影響を受けているのでしょうか?
    聴いてみたいものです。

  2. kobe8kobe8 says:

    自分自身は「みんな違う」って思って生きてます。
    だからこそ色んな発見あったり、おもしろかったり♪
    色んな人と関わって、色んな道を今後も知りたいと思ってます。

    みんな笑顔で居られたらいいなぁ~
    そう、本気で思いますわ。

    あ、俺~
    ハワイアン・ミュージック大好きですよ。
    ジャック・ジョンソンだの何だの♪

  3. ジョイ says:

    中ノ島さん
    私もその手の音楽が好きで、仕事にまでしてしまったと言う経歴です。
    映画の中で、黒人の人がハワイアンミュージックのプロとして活躍している話しがありましたが、それはそれは美しい声で、驚きました。

  4. ジョイ says:

    kobe8kobe8さん
    そうなんですよ。「みんな違う」そこからなんですよね。
    それぞれの夢が叶う為にね。
    サーフロックのジャックが好きなんですね?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。