チャリティーディナー

週末参加したひとつのイベントは、ある私立学園のチャリティーディナー。

もっと多くの人によい教育を行き渡らせたい、また、学園維持の為に、500名が集ったディナーパーティーでした。

たくさんの企業が持ち寄った品々で行う、サイレントオークションでは、多くの収益を生み出し、
ウォーリーも「お宅にお邪魔して、お宅のキッチンでクッキーを焼いて、20名の子供に本の読み聞かせをする」
といった、出張シェフ兼ストーリーテラーを買って出て、
その価値に、何千ドルの値が付いたのでした。

フルコースディナーにたくさんのお土産と、ショータイムがついて、このディナー券も寄付になりました。

アメリカのチャリティ活動は色々な形で行われます。


4 Responses to チャリティーディナー

  1. 中ノ島 says:

    日本のチャリティーはね、エンターテイメントの面で50年前のセンスだね。
    それに、収益金の中からどれだけチャリティーとして使われているのか,怪しい。。

  2. tiki says:

    ウォーリーさんのような夢のあるチャリティーの商品はアメリカならではですね!
    日本だと確かにお得感のあるものは少なく、「正直もらってもね~」というものが
    多いかも。素敵なパーティーだな~^^

  3. ジョイ says:

    中ノ島さん
    このエンターテイメントは、当然ながら、まずはフラ。そして、子供達によるコーラスやクラシカルなピアノ演奏。
    最後は、ヒップホップ系で、ダンスパーティーになりました。このバンド、スゴイよかった!

  4. ジョイ says:

    tikiさん
    いいパーティーでしたよ。夢を与えるというか、希望が湧くというか、ね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。