あるランチョンで

?
目のご不自由な方々が、一般の小学校等へ行って、絵本を読むボランティアをしています。

?
その練習・講習会は、毎週一回ランチョンとして開かれています。一緒に学ばせてもらいました。

片手で点字を触りながら読んで、もう片手で絵本をめくってゆきます。

大変な技なんだそうです。しかも感情をこめて読むって。・・・本当にそう思います。

?
皆さん目がご不自由だと思えないほど、目をきらきら輝かせて、子供達のために活動的でいらっしゃいました。

感動です。


4 Responses to あるランチョンで

  1. 中ノ島 says:

    見えない目で、

    何を見ているんだろう。

    きっと,何かを見ているんだろうな。。

  2. とっさん says:

    いま、僕にできることって何なんだろう。
    どこかで甘えているのではないのか。
    苦しいことを言い訳にしているのではないのか。
    少しずつだけど、できることを探していきます。

  3. ジョイ says:

    中ノ島さん
    もっと深いもの・真実を見ているんだと思います。

  4. ジョイ says:

    とっさん
    一人一人に出来ることが違いますからね。
    とっさんも多くの人の助けと励ましになることでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。