クレヨンボックス

?

クレヨンたちが箱の中でお話しするという、お話です。

?

喧嘩なんだよね、本当は。「僕はあの色は嫌いだ。」とみんなが他のクレヨンの悪口を言うわけ。

?

でもひとつの箱の中にいる同じクレヨンたちが、色が違うことでもめている。なんか間違ってるって気づくのよ。

?

女の子に買われておうちに行ったクレヨンは、箱から出されて並べられて、お互いを見るの。

そして、女の子が色を塗るたびに女の子を見つめるの。

?

みどりが芝生になって、あおが空になって、きいろが太陽になって、白い雲が出来たー。

?
女の子に使ってもらったクレヨンたちの気持ちが変わってゆくのね。そして絵が出来上がったとき、みんなで言うの。
「僕たちはクレヨンボックス。一つ一つがユニークだけど、みんなが一緒になったとき、絵が完成するんだね!」って。

(オンエアのさわり・・・いいお話でしょ! )


4 Responses to クレヨンボックス

  1. トーキョーで

    黄色のクレヨンばかりだった頃

    ボクはよその街から来たクレヨンくんたちの気持ちを考えたことがあっただろうか?

    そればかりか、視野に入れていたのかい?
    無視していなかった?
    見て見ぬふりをだよ?

    この街では、折れたり、ちょびたりしている、いろんな色のクレヨンくんたち。
    でも、やつらはけっしてボクを無視したりはしないんだ。

    ボクもそんな黄色のクレヨンになりたい。

    なれるかな?
    ありがとう、ジョイさんのきょうの日記。

  2. 中ノ島 says:

    クレヨンを、指でこすって描くのが好きです.

  3. ジョイ says:

    もいりいりのAki’iさん
    日本から出てみてわかる気持ち、思いですよね。
    わたしもそうなりたい。

  4. ジョイ says:

    中ノ島さん
    音楽や芸術がお得意なんですよね。
    いつか見せていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。