あきらめない

?

いきなりですが、私、正式に大学を卒業して学位を取ったのは、今から10年前。35歳になりたての時でした。

自慢でも何でもありません。

でも、自分でもすごいなぁ~と思って。30過ぎて、って・・・。

アメリカで取れました。

?

?

実は、私、18歳で高校を卒業するとともに、アメリカへ留学しました。

トットちゃん的性格の私は、どうしても皆と同じように日本の大学へ行く気にはなれず、

小さい時からあこがれていた“アメリカ” という地へ出発したのでした。

?

親が反対しなかったかって・・・

それについては、またお話しします。

?

当時なんであんなことが出来たのか知りませんが、私の飛行機は片道切符。

自分に帰るお金もありませんから、一人で頑張るしかありませんでした。

?

ところが、勉強のし過ぎで(言ってみたかった、この言葉!)体を悪くし、帰国することになったのが、

大学2年の時でした。

?

その時は、がっかりしましたし、希望を失いかけ、病気と闘い、将来なんて考えられませんでした。

?

でも、体が回復した後何年経っても、どうしても、アメリカに戻りたいという夢は消えませんでした。

?

まぁ、この辺のことは、また・・

?

ただ、15年間、あきらめなかったことと、多くの出会いによって、思いもかけない時期に、念願がかないました。

Thank God!! でした。

?

私は、学位に固執していたのではありませんでしたが、

もう一度アメリカで勉強したい、そして、あそこで受けた思いやりをお返ししたい、という思いだけでした。

素晴らしい出会いと、愛情を、周りの人々からたくさん受けていましたので・・。

私、日本とアメリカのブリッジになる、って。

?

アメリカという国が、国籍や年齢や性別によるのではなく、私という一個人を受け入れてくれました。

病気をして遠回りをした分、その間に学んだ経歴も、全部、クレジットとしてくれました。

頑張って学んできたこと、職歴までも、考慮してくれ、思いもしなかったことが起きたのです。

そしてその時、全米認定カウンセラーにもなりました。

?

このアメリカの広さに感謝!

ありのままを受け入れてくれる偉大さに感謝!

?

どんな時に、どんな風に、どんな夢・願いがかなうのか、それは、まだ誰にも分からないのです。

?

毎日の小事に忠実に生き、そして、あきらめないことを学びました。

?

?

大親友の韓国人フレンド・Dr. Jim Kang とご家族。 グレースちゃん、今いくつになったんだろう・・・


2 Responses to あきらめない

  1. Mr.X says:

    ジョイさんから話として聞いていた内容でしたが写真と文章で読むと重みがありますね。実際には大変なことだったとお察しします。
    ジョイさんは大変なことも逆に軽くお話してくれていますね。それがあなたの人間性に通じるのでしょう。大変なことを大変と言わないという評価価値判断でしょうか。
    少し外れるかもしれませんが・・・知人と言うにはおくがましいのですが観世流能楽師津村禮次郎先生がいます。この先生からの話でした。「達人、優れて先生と言うのは難しいことをより簡単に、そして簡単なことはより深く解説出来る方です。」そういう話でした。
    ジョイさんはこれに通じるように感じました。そうです・あなたは偉い!(終わり)・・・

  2. ジョイ says:

    お褒めの言葉、いつも感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。