すべてのあなたへ

私の年齢が45歳なので、今感じること、今思うこと、を述べようとすると、“40代のあなたへ” となりましたが、すべての年齢の方に読んで頂けるように、今までの私を書いていこうと思います。

女性としての私にとっては、“希望と不安と挫折の10代”、“試行錯誤の20代”、“自信が増し出す充実期・30代”、そして、“社会的・身体的・・・様々変化にあえぐ40代”、のような気がします。

どの時代を振り返っても、「これで最善だった」と思うのですが、そこを通過している時は、そんな事を思える余裕さえない時もたくさんあります。いえ、殆どの場合が、何かに苦しみ、戦い、また、頑張ろうと、必死でその時期を過ごしているのだと思います。それは、若くても年を重ねても、です。自分に、家族に、友人に、仕事に、過去に、将来に、悩み苦しんでいるのです。それらは、いつも、「どうして自分は~なんだろう・・。これから自分はどうなるのだろう・・。」という思いなのです。

でも、もし、悩みながらも、苦しみながらも、戦ってさえいても、「平安と安心」を感じることが出来たら、もう少し元気に歩めるのかなと思います。

そしてもし、今、喜びと希望に満ちて溢れて歩んでいる方がおられれば、それはそれは、感謝です!

そんなことを一緒に考え、一緒に歩むことができたら幸いです。これから喜びも悲しみも綴っていこうと思います。

友人が贈ってくれた、キッチンに飾られた薔薇を見ながら、私も祈ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。