鷲のように

カネオへ・キャッスル・ハイスクールの卒業式に招待されました。

コオラウ山脈のふもとでのセレモニーでした。

多発性硬化症で車椅子生活をしているマーカス君にお祝いを言う為でした。

弁護士を目指している彼。

屈託のない澄んだ目から、そして希望に満ちた言葉から、どんなに多くの人達が力を頂いていることでしょう。

彼を見ていて思うことは、弱さを知っているから強い、ということ。

鷲のように翼を張って、力強く、どこまでも高く高く舞い上がってくださいね。祈っています。


2 Responses to 鷲のように

  1. 中ノ島 says:

    鷲の様に,って言う歌がありますね..

    『主を待ち望む者は新たに,力を受けて登る。
      走りつかれず,あゆみて倦まず、
      鷲のように昇る.』

    待望む信仰を持ち続けたいモノです。

  2. ジョイ says:

    中ノ島さん
    その歌、中学生のとき覚えました。
    今でもよく口ずさんでいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。